不眠海草の天然サプリがありますが、しっかりとした休息が取れないと悩む方にとっては副作用や体に毒素が蓄積されているような睡眠薬は使いたくないでしょう。そしてそうしたときに毎日服用をしても心配がないような不眠を解消させるサプリメントとであれば、たくさんの愛用者の声が集まっていて、不安を解消できることとなります。そして眠りを改善させる主成分が含まれている天然サプリはネット通販での入手法も人気があります。そして、マインドガードDXは休息不足に悩んでいるような方にお勧めの飲料タイプのサプリメントであり、体と心の休息環境を整えられるのです。また、これは休息ハーブとして重宝されている天然のモリンダシトリフォリアを3か月熟成発酵させて、栄養価を高めている製法となっています。そして天然素材であり、トリプトファンやアミノ酸やビタミンなどをたくさん含んでいる製法で、豊富な栄養素が入っているのですからとても安心の睡眠サプリです。

未分類

テストステロン補充療法を始めたときというのは、最初の診察の時には不安でいっぱいの顔をしていたとしても、次の診察の時にはその表情はかなり和らぎます。

コレまでは男性ホルモンの減少によって様々な症状が出ていて、職場でも家庭でも周囲の人に迷惑をかけてしまっていたのが、治療を始めたことによって症状が緩和され、心に余裕ができるんです。気持ちが前向きになります。身体に出ていた症状も改善され、集中力も増しますので日常生活の中で集中できなかったことにも集中できるようになります。

今までに見ていた景色とは全く違った世界が広がっているのですから、表情が和む、というのも当然のことです。夜寝ている時には何度も目が覚めていたり、なかなか寝付けなかった人もしっかりと深い睡眠をとることができるようになった、ということも少なくありません。

また、しばらく感じたことのなかった朝勃ちが起こるようにもなります。朝勃ちを経験することによって男性は自分に自信が持てるようにもなります。

このようにテストステロン補充療法によって、テストステロンの減少によって起こる様々な症状は劇的に改善されます。このテストステロン補充療法は、注射で行うものではありません。最も多くの方が使用しているのがテストステロン・ゲルというものです。これは注射のように痛みを感じることはなく、ただ塗るだけのものなので、毎日でもしっかりと続けることができ、ストレスを感じることもありません。

テストステロン

テストステロン補充療法は非常に簡単で、毎日行うとしてもストレスを感じるようなことはない、という説明をしました。では、テストステロン補充には副作用などはないのでしょうか?一般的に、効果の高い薬剤などを身体に投与するとそれと引換にどうしても副作用というものが起こりがちですから。このテストステロン補充に感しては、適切な投与量であれば目立った副作用などはまずありません。万が一副作用があるとしてもそれはニキビができてしまう、というような程度です。また、補充量がお多すぎると血液が濃くなり過ぎてしまうので多血症になってしまう可能性もあります。

次に、これは非常に重要な事なのですが、睡眠時無呼吸症候群の方がテストステロン補充療法を行うとその症状が悪化してしまう可能性があります。睡眠時無呼吸症候群は喉の筋肉が緩んでしまうことによって起こります。気道の緩みによって空気の徹隙間がなくなり、無呼吸の状態になってしまうのです。その結果、身体に必要な量の酸素濃度が低下してしまいます。睡眠時無呼吸症候群の方というのは、寝ている時だけが問題なのではなく、実は起きている時にも様々な影響がでます。高血圧やEDなどにもなりやすくなるんです。さらに、非常に強い疲労感を感じやすくなり、さらに男性ホルモンの低下を引き起こします。睡眠時無呼吸症候群んというのはその殆どがマウスピースなどの装着によって症状が改善されます。

テストステロン

男性の骨盤のさらに深いところにある膀胱を支える場所に前立腺はあります。前立腺というのは精巣を外部の衝撃などから守り、さらに精液に前立腺液を加えたり尿の切れを良くしたり尿漏れを防いだりするために重要な役割を果たしている臓器です。

この前立腺は男性ホルモンによって成長します。男性ホルモン受容体に異常が見られる精巣性女性化症候群はこの前立腺が非常に小さいものになっています。前立腺には5α還元酵素という酵素が存在します。

この酵素はテストステロンを代謝することによってさらに強いDHTに変えていく働きがあります。そのため、男性ホルモンを薬などで十分に働かない状態にしてしまうと前立腺は萎縮します。

男性ホルモンと前立腺の関係はテストステロン補充療法を行うことによって前立腺肥大症、前立腺がんなどを発症するリスクが高くなります。まず、男性ホルモンが減少している男性に前立腺肥大の症状は出ません。

前立腺の大きさというのは長期間の男性ホルモン量と深く関係しているので前立腺が大きい人の場合には男性ホルモンに異常はない、ということです。しかし、前立腺の大きさと排尿時の異常に関してはあまり関係がありません。前立腺が正常な大きさであっても頻尿や尿漏れを起こすことはあります。前立腺肥大の患者に男性ホルモン補充法を行うことによって、さらに排尿時の異常というものが悪化する場合があります。

しかし、だからといって男性ホルモン補充法が前立腺がんなどに直接結びつくのかどうか、ということは今のところはっきり分かっていません。

テストステロン

テストステロン補充にはいくつかの問題があります。その1つに男性不妊があります。男性ホルモンは主に精巣でつくられています。しかし、その司令は脳にある視床下部から色々な情報を出すことによって精巣でホルモンがつくられます。

しかし、身体の外部からテストステロンの補充をして男性ホルモンの濃度を高めてしまうと身体の中にはホルモンが十分にある、というように視床下部と脳下垂体が判断します。そのため今異常に男性ホルモンを作れ!という命令を出さなくなってしまうのです。

こういった現象をホルモン生産のネガティブ・フィードバックといいます。そもそも、身体のホルモンの環境を一定の状態に保つための仕組みなのですが、脳からの司令が出ないことによって精巣で男性ホルモンを生産する事を止めてしまいます。

さらに精子をつくる力自体も落ちてしまうので不妊症になりやすくなるのです。子供をつくりたい、と思ってはいるけど現在男性ホルモンの現象によって様々な症状が出てしまっている・・・というような方はまずは男性ホルモンを体外から補充してしばらくは子供をつくることは待ちましょう。

テストステロン補充法によって身体がしっかりと元気になってからもう一度子供を作ることにチャレンジをしてみるのが良いでしょう。テストステロン補充法を優先するか、子供を作ることを優先するかは、環境やパートナーの方の年齢によって変わるとは思いますが、テストステロン補充法によって精子を作る力が弱る、ということは頭に入れておいて欲しいと思います。

テストステロン

男性ホルモンが現象してしまう性腺機能低下症には2つの種類があります。ひとつは脳から司令を出しているにも関わらず精巣が男性ホルモンを作る力が低下してしまっている状態です。

精巣に血液を送っている血管に動脈硬化が起こってしまい、精巣自体の大きさが小さくなってしまっていたり薬剤によって精巣の細胞が傷ついてしまったりとその原因は様々です。この場合には脳は男性ホルモンが少ないということを感知してから脳下垂体が出す性腺刺激ホルモンの濃度が高くなります。

性腺刺激ホルモンのLHは精巣にあるライディッヒ細胞にテストステロンの生産を促しており、もう一つの性腺刺激ホルモンであるFSHは精子形成を制裁幹細胞に促しているホルモンなのですが、後者のFSHの濃度が高い場合には精巣が生涯を受けてしまっている状態であるといえます。

もう一つは精巣は正常な状態であるにも関わらず脳からの司令が出ていない場合です。ストレスがかかっている時というのはこの司令が出ていない状態がほとんどです。中高年男性の方で男性更年期障害の症状がある場合にはこの状態です。つまり、精巣から脳へのポジティブ・フィードバックが正常に行われていないのです。

この場合には性腺刺激ホルモンを外部から補充することによって精巣が反応し、ホルモンが増えていく場合があります。この方法は週に2回程度病院に通って注射をしなくてはなりません。そのため、治療はどうしても長期的なものになってしまいます。

未分類

東洋医学の歴史のなかで中高年に元気がなくなってしまう状態のことを腎虚と呼んでいます。東洋医学ではこのような腎虚の症状にどのように対応をしているのでしょうか?2,3日寝込んでしまうような病気をした時には身体がふらふらして、体力が落ちてしまっています。このような状態の時に身体に力をつけようといきなり500グラムの肉を食べる、という事はしませんよね。まずはおかゆや梅干しなどといった消化に良いシンプルなものを食べます。こういったお腹にも身体にも優しい食べ物が身体の中に染みこんでいきます。男性ホルモンも同じことで量が減少してしまい疲れが溜り、今の生活を続けるのが辛い・・・といったような症状の時には精神的にも肉体的にも力が落ちています。このような状態を虚証といいますが、こういった場合には補剤と呼ばれている漢方薬を使います。

男性更年期生涯の症状に効果的な漢方というのはニンジン・オウギ・ソウジュツ・トウキ・サイコ・ショウキョウ・タイソウ・カンゾウなどがあります。このように捕虫益気湯と呼びます。この捕虫益気湯を服用することによってストレスホルモンなどの値が下がるということが確認されています。極端に男性ホルモン値が低下している場合には外部からのテストロン補充療法を行ことをおすすめしますが、極端でない場合にはまずは漢方薬と生活習慣の改善によって症状の緩和を行うのが良いかもしれません。

<PR>

短小ペニスにお悩みの方必見。サプリメントを飲むだけでペニスが増大するたサプリメントがあるうんです。その秘密はシトルリンXLをクリック。

男性ホルモンと漢方

男性ホルモンは男性を男性として生き生きとさせるために必要不可欠なホルモンです。そのため、テストステロン補充を行うことによってアンチエイジング効果も得ることができる、といわれています。

男性ホルモン値は低いのですが、身体や心の症状がない男性に一定期間テストステロン補充療法を行った、という研究があります。この研究は半分の男性にはテストステロン補充を貼薬で行い、残りの半分の男性には薬の入っていないものを貼りました。

もちろん、医師被験者もどちらに男性ホルモンが含まれているか、ということは知らされていません。この方法によって、最も信憑性の高い実験結果を得ることができるんです。結果はテストステロン補充を受けたグループは内臓脂肪が減っていき、さらに骨密度が上昇したんです。しかし、インスリンに対する感受性や運動能力には特に変化がありませんでした。

つまり、こういった変化の見られなかった点についてはただ単にテストステロン補充を受けただけではアンチエイジング効果を得ることは出来ない、ということです。しかし、この実験の中に、ただ薬を貼るだけでなく、定期的な運動などを取り入れたとしたら結果はどのようになっていたでしょうか。男性ホルモンによって骨密度が上がり、内臓脂肪は減りました。

ここに運動を取り入れればおそらくインシュリンに対する感受性も運動能力にも変化が現れます。男性更年期生涯にある症状を全て改善できる・・・という可能性もあるんです。今後の研究に期待ですね。

男性アンチエイジング

加齢性性腺機能低下症は加齢によって現れる症状で、性腺機能低下が原因となっているものです。

45歳男性の場合・・・この男性は仕事中にどうしても居眠りをしてしまう、という症状に悩まされています。この男性は会社員でエリートと呼ばれる非常に真面目な男性です。最近になって疲れやすく、休日も趣味などをするのではなく寝てばかりいるそうです。

さらに仕事中にも居眠りをしてしまう、とのこと。また、これまでには滅多になかった仕事上の単純なミスが増えたそうです。真面目にエリートの道を走ってきたこの男性にとってはひじょうに悔しく、悩んでいました。主な症状はだるさ、発汗、原因不明の筋肉痛です。そこで、自分で行うことのできる男性更年期障害のテストをおこなってみると非常に高い数値が出たそうです。

さらに病院で検査を行ったところ、完全な性腺機能低下症であると言われたそうです。そこで、2週間ごとに注射を続けたところ原因不明の筋肉痛の症状が改善されたそうです。

さらにだるさも少しずつ改善されているそうです。さらに、休日には家族との時間をつくることもできるようになり、非常に嬉しかったとのこと。

さらに仕事上の些細なミスも、今ではウソのように解消され、あんな平凡なミスをなんでしてしまったのかと悔いは残るものの、もうそういった心配をしなくて済む、ということに嬉しさと安心感を持たれたそうです。

この男性は今では普段通りの生活を取り戻し、運動不足解消のためと、加齢性男性機能障害の再発を防ぐために毎日運動を行なっているそうです。

男性更年期障害の治療

元気のない日本の社会を活性化させるためには男性の元気を取り戻すのが最も手っ取り早い方法です。その方法というのは、40歳になったら意識をして男性ホルモンを十分に分泌させるためにライフスタイルや食事や運動などをしっかりと考えていくことが重要です。男性ホルモンの量というのは短時間の間で目まぐるしく変動します。仕事上であれば1つ仕事がうまくいくだけでも簡単に男性ホルモンは上昇するんです。

それだけで集中力、判断力が大幅に高まり、良い結果に結びついていくんです。なにかが上手くいくことで新たな自信や冒険心に繋がることをウィナーズバックといいます。

男は褒めて伸ばす!ということは基本なんです。部下をしかる時にもネチネチとしかるのでは本人だけでなくその組織全体の男性ホルモン値の低下に繋がります。どうしても叱らなくてはならない時にはホルモン値が高くなっている朝一番にしかりましょう。

男性ホルモン値が高い状態であれば叱ったとしても「くそったれ!見返してやる!!」という気持ちになるんです。しかし、多くの方は男性ホルモンが低下しきっている状態の時にネチネチとお説教をされていますし、しています。

仕事帰りに一杯飲みながらネチネチ叱ったり、愚痴を言うのは最悪のパターンです。そんなことをしては、男性ホルモン値が下がりきっている時にさらに強力な力で男性ホルモンの減少を促してしまいます。しかるのは朝!夜は暗い話はしない!これが鉄則です。

褒められると男性ホルモンがUP